teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お久しぶりです

 投稿者:juthメール  投稿日:2009年12月14日(月)01時04分47秒
  >uniさん
お返事も遅れてしまってすみません。
こんな更新のないHPを見てくださってありがとうございます。
励みになります。

レオナルドはポジションも少しずついじって結果を出しているんですよね。
そういう意味では意外に?戦術眼があるタイプなのかもしれません。
ファンタジスタタイプが細かな修正をするというのはあまりいない気がしますが、本人も左サイドバックなどやった経験が活きているのでしょうか。

バルサの場合は代わりになる選手がある程度いますからね。
ミランは両サイドアタッカーの控えはほぼいませんから…
ロナウジーニョはまだまだですが、キックの制度はさすがです。
時折見せる突破に昔の輝きを見てしまうのですが…
 
 

お久し振りです

 投稿者:uni  投稿日:2009年12月10日(木)22時08分50秒
  >選手みんなに緊張感が生まれているように感じます。
チームにとってコレは良い事で有り大きいですよね。
やっぱりミランと契約した選手ですからどんなに言われても実力は有ります。
選手は皆が出たいですけれど外す理由を上手く説得して
出番の少ない人に活力を与えた監督は見事です。

バルサの場合もアンリ、メッシ、イブラヒモビッチ辺りは調子や試合展開を見て
後半途中から出す事も有りますしねえ。
ミランでのロナウジーニョはバルサとミランではサッカー観や選手が
色々違うと思うので、プレー内容が変化するのは仕方がないと思います。
 

おそらくですが

 投稿者:juthメール  投稿日:2009年 9月10日(木)00時16分46秒
  4-3-3で、前の3人はサイドをえぐるアタッカーというよりはポジションチェンジを頻繁に行ってシュートを目指すバルサ的な感じにしたいのかなと思います。
ただ、中盤はバルサとずいぶん違ってアンブロジーニ、ガットゥーゾ、ピルロを中心に考えているようです。
組み立てを考えるならセードルフをもっと重用してもいいはずですし。
サイドバックはたしかに世界的に人材難ですよね。
ただ、ミランの場合考えられる全員が30代というのはどうなのかなと。
(もちろん年齢ですべてが決まるわけではありませんが)
サイドバックと3トップの両サイドでうまく連携をとってサイドバックからのクロスなども狙いたいようですが、今のところうまくはいってないですね。
 

どうですか?

 投稿者:uni  投稿日:2009年 9月 9日(水)02時13分37秒
  >今季のミラン
リーグ初戦を勝った後にダービーで敗戦ですか。
レオナルドはどんなチームにしたいんでしょうかね?
パトは実戦がそのまま育成の手段になっていて困るのは怪我ですね。
サイドバックはどの国のどのチームも人材不足の上に
欲しいタイプも様々で、皆、困っている様です。(^^;A
 

たしかに

 投稿者:juthメール  投稿日:2009年 8月14日(金)23時40分24秒
  日本ではまだまだGMというポジションがあいまいですよね。
返す返すもアビスパは小林GMを切ってしまったことが悔やまれますが…

やはりトップがしっかりしないとチーム作りもブレてしまいますよね。
結果が出ないと何かしなければ、という気持ちになるのでしょうが。
何もせずに現場に任せる、というのも一つの手なんですけどね。
 

フロントの価値

 投稿者:uni  投稿日:2009年 8月14日(金)05時14分17秒
  実は山形はサッカーを知らず、お役所的な仕事しかしないGMが代わってから
色々な監督や選手が来る様になったんですよ。
今のGMの人は鹿島辺りでフロントをやっていた人らしいです。

フロントが右往左往していると大変ですよねえ。
成績が安定しているチームほどブレが無い感じがします。
 

復旧しました

 投稿者:juthメール  投稿日:2009年 7月18日(土)16時03分54秒
  Yahooジオシティーズのトラブルでしばらくページが表示されませんでした。
大手でもこんなことあるんですね…
これを機に、日記部分はブログに乗り換えることも検討中です。
 

ありがとうございます

 投稿者:juthメール  投稿日:2009年 7月 1日(水)23時20分37秒
  >uniさん
こんな時代遅れの話題にもきっちり応えてもらってありがとうございます(笑)
もっとタイムリーに更新するよう心がけます。

ルーニーを中心に見ると確かにそうなんですが、個人的にはファーガソンがクリスティアーノロナウドを中心に組み立てていたのかと思います。
バルサの両サイドアタッカーを止めるために守備をするプレーヤーは?と問われればルーニーと答えるのは必然でしょう。
結果的にはパクチソンなどよりずっと守備範囲は狭かったですが…
相手を過度に恐れすぎて動きが狭まったというのはあるかもしれませんね。

ユナイテッドは単純にボールキープをあれだけするチームと戦う免疫がなかったのかなとも思います。
プレミアではアーセナルもありますが、バルセロナほどの柔軟さは持ち合わせていません。
クリスティアーノロナウドを中心としたショートカウンターで戦ってきたチーム戦術からしても、やはり先制されたのはかなり苦しかったんだと思いました。
 

パス&ムーブ

 投稿者:uni  投稿日:2009年 7月 1日(水)21時52分30秒
  >CL決勝
この試合で昨年末のCWC以来、久し振りにマンUの試合を見ましたが、
ルーニーの起用法に疑問が残りました。確かにバルサではアンリもエトーもメッシも
サイドにいて守備もしますが、サイドに張りっ放しでは無いですし守備も下がり過ぎません。
バルサとしては中央から他の選手との連携で前後左右に入れ替わった方がやりにくかったと思います。

メッシの得点シーンのシャビの動き方やパスを出す位置は国内リーグで時々やる動きです。
後ろから他の選手が追い越す動きがない時やそれを多用して相手が慣れてくると
ああいうプレーをやりますね。
バルサの試合のリズムは90分の内、全力疾走と休んでるペース配分というよりは、
早足で絶えず動いているペース配分に近いと思います。
マンUはそれに戸惑ったんじゃないかなあ、と思いました。
 

本当に

 投稿者:juthメール  投稿日:2009年 6月13日(土)12時39分14秒
  >uniさん
お返事遅れてしまってすみません。

放出すべき人材は他にいたと思うんですけどね。
お金のために主力を放出する日がミランに来るなんて、思ってもいませんでした。
冬のシティへの移籍の噂がたった段階で予想された事態ではありましたが…
それにしても、クリスティアーノロナウドにもっとお金をかけられるのなら、安売りしてしまった気がしてなりません。

下部組織からの抜擢はあるでしょうか。
以前のミランにはその土壌がありましたが、最近はなかなか出てこられませんでしたから。
パロスキを復帰させるなどはかんがえられますかね。
補佐役は今のところ浮かびませんねー
 

レンタル掲示板
/10