teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


祝、小型二輪免許

 投稿者:土方  投稿日:2013年 6月22日(土)18時49分31秒
   ご無沙汰しています土方です。
祝、小型二輪免許と言う事で、愛機ゴリラを75cc登録した証拠「笑い」のナンバープレート写真(三角シールが曲がってしまいました。)と新規購入した安物のオフロードフルフェイスヘルメットです。
 
 

普通二輪は小型二輪に限る②

 投稿者:土方  投稿日:2013年 5月31日(金)02時14分2秒
   三月に自動車学校に電話して、二輪の教習は雪がなくなった四月ぐらいからと聞いていましたが、直前になって迷ってしまい
実際に入校手続きをしたのが四月十五日、入校日が四月十八日でした。
 普通免許も大型特殊も同じ学校ですが、大型特殊は夜間で五時間ぐらいの教習だったのであまり記憶にありません
新校舎になっていて古い校舎がコースの反対側に見えます。ものすごく時間がたったのを感じます。
 色々様変わりしていて、教習原簿の管理も技能教習の配車もコンピューター管理で、カードです。
特に配車は自宅でインターネットで予約できます。二輪の教習は込んでいて予約が取れず第一回目は四月十九日です。
 実際に教習準備をしていても、125のバイクが見当たりません。手続き日や入校日にも気がついていましたが、物置から出して来た
バイクは、これで教習はしたくないと思っていたヤマハSR125でした。(二十年ぐらい前に何年が続けて春に「G/W」ほかの自動車学校のコース補修をしたことがあるので、125の教習車の記憶がありました。ヤマハSRは素敵なバイクですが、SR125はいけません。)
 一気になえてしまった感がありますが、ヘタレの土方はさらに緊張で体がガチガチです。先生の後についてコースを回りはじめると
さらに悲惨でした。S字はよろよろ、クランクはようやく通過、一本橋は落ちるどころか最初から乗れません。
 弓矢で言えば最初からずれている感じで、一本橋は最後まで悩まされました。

 誰に習ったわけでもなく、いい加減に原付に乗っていて悪い癖(?)が付いているのは知っていましたが、何とかなると思っていましたし、師承にも大型特殊で自動車学校で先生に教わる大切さも知っていましたので真摯に教わりました。
 一本橋は一旦停止してからはじめますが、第一番に停止して左足をステップ乗せる載せ方が乱暴で、載せた瞬間に左に変更してし
まい、よーいドンで狙いがずれてしまっている事です。
 目線が手前の橋の始まりではなく遠くの橋の終わりの向こうへの二点目も注意して教習に励み、ゴリラにて朝練も追加しました。
 ハングオンや舘ヒロシの影響も有り(バイクもゴリラですが。)膝を開くのを注意されました。何時間の教習の結果当たる様にな
りましたが、方向が悪く外れそうになりますが、ガチガチでハンドルを動かすどころかそのまま外れてしまいます。
 あまりにひどいので教習の見極めの頃には、時間を気にせず走り抜ける事を教わりました。通過時間不足は減点ですが、離脱は即検定中止です。
ここで一度転びました、バイクで転んだのは高校生以来ですが、後で聞いたところ中免の方は結構転んでいるそうです。
 最短十時間の技能教習ですが、二時間の補習の後検定をどうかするか尋ねられました(合格率は五割以下と言うことで、教官と相談して検定を受けるどうかと言うことですが、どう考えても合格しそうにないので「この時点で一本橋の成功率は三分の二で三回に一回は落ちています。」、補習を自ら志願しました。)検定日の関係でこの時点で、さらに三時間の予約をしました。
 問題生徒らしくこの時から教官は二輪の課長(たぶん)となりました。次の一時間で、検定コース(三種類)と一本橋の練習で、何回かののち一本橋の運転姿勢を背中を丸くと指示がありました。「一本橋のときは背中かそっくり返っていて、ガチガチの様です。」
なんとなくコツが判って、次の一時間からは一本橋が出来る様になり、通過中もハンドルを動かせる様(ふれる)になりました。
 この時点で検定日が決まり、合計技能教習十四時間で検定となりました。

 検定日は、火木土の週三回五時限目で13時からでその時間はコースは教習がなく二輪の検定のみです。その日は三人が検定で、一人
目は女の子で、二人目は検定が三回目の兵で中免です。三人目は自分で小型は一人だけです。みんなガチガチです。
 検定終了後、検定官に「ふらふらしてカーブで膨らむが、年齢が年齢なので無茶はしないですよね。」と言われました。
これはお情け(又はギリギリの)での合格と確信しました。
 この日は、全員合格でした。
 次の日の午前中に交付に行きました。午後からは一人お祝いで、愛機ゴリラを75ccで再登録しました。札幌市は黄色ナンバーです。




 

普通二輪は小型二輪に限る①

 投稿者:土方  投稿日:2013年 5月21日(火)06時48分35秒
   一月の深夜に除雪をしていて、高校生三年生の頃中学の同級生から、バイク(カワサキ350TR、ビックホーン)を借りて林道の峠をツーリングしたことを思い出しました。
 免許もないのに、中学生の約束をたてに取り、違う高校に通っていた照井君から借りました。
 電電公社の中継局用の林道で、中継局が出来る前の出来たばかりの林道の峠です。(現在もグーグルアースで見ることが出来ました。)
 ものすごくワクワクして楽しかったのを思い出しました、照井君ありかとうございました。
 自分の性格からもバイクは危険と思っていて、原付(ゴリラ、解体屋からレスキューした、波打ち際を走るためのスペシャル。平成三年年の登録の1985年式)で我慢していましたが、年も年なので無茶はしないと思い、2輪の運転免許を取ろうと思いました。
 実際にバイクを購入した時の、資金、保険代、運転技量等を考え、同じ頃同級生の斉藤学君から借りたホンダSL90を思い出し、125までの、小型二輪で十分と考え、春まで時を妄想の中ですごしました。

 バイクはエイプ100で十分と考えましたが、フロントのディスクブレーキは必要と考えましたが、もはやXR100モタードは生産しておらず、エイプ100Dは内容に比べて高価とおもいます。
 パーツ供給の観点からホンダど考えていましたが、枠を広げてみるとカワサキのKLX125が有りました。何年乗れるか判らないので中古車と考えましたが、北海道は中古車少ないです。
 125まで枠を広げると、ホンダNX125(古いので安い)やホンダXLR125Rも入ってきます。
 妄想全開中でした。
 写真はありません。
 

桜はまだですが

 投稿者:土方  投稿日:2013年 4月28日(日)07時36分0秒
   久しぶりです、土方です。
 元気にやっていますが、記録的な大雪の年で(自宅の北区は昨シーズンも比較的大雪で約1,2倍で、今シーズンも比較的大雪で約1,2倍、昨シーズンからトータルで1.44倍ですが、印象はほかの区と同じで昨シーズンは普通で、今シーズンは約1.5倍の感じです。)、車庫の隣の駐車スペースも、歩道部分も雪を積んでしまいました。
 こんな年は初めでです。(昨シーズも積みましたが、除雪機が盗難に会い、人力除雪の為だと思っていました。)
 四月が終わりにかけて、ようやく元気が出てきた感じです。
 写真は三枚付けますが、一枚目が三月十七日でほぼピークと思います。この後降雪は三度ほど有りましたが、除雪車が出動するほどでは有りませんでした。
 二枚目は四月六日で、駐車スペースの雪出しで、スペースを確保しようとしていますが、花畑の雪出しは断念しました。
 三枚目は今日四月二十八日で、また少し雪が残っています。
 融雪作業は重労働なので、今年から控えるように言われていますが、近所が夢中になってやるので、ぜんぜんしないとう訳には行かずペースを落としました。
 

HSS760nJEの初回オイル交換

 投稿者:土方  投稿日:2013年 1月 6日(日)02時55分22秒
  おはようございます。土方です。もう去年の話になりますが、マイ除雪機(HSS760nJE)の初回オイル交換を行いました。
 いつもの通り上抜きですが、初回なのでその後にドレンを開けようと思いましたが、あまりに位置が悪く中止しました。
 エキストラクターのリブがひとつで約1リッターですので、大まかですが約0.73リッター抜けました、用意したモービル1を整備解説書の数量の0.6リッター入れ、タイミングが合ったので、隣のHSS760nJEも続けて初回オイル交換をしました。
 抜けた量が、約0.67リッターだったので、自分の量と合わせて補正すると両共、約0.70リッターでしょうか。
 (一回一回抜けた量を計量すれば正確ですが、そこまでする元気は有りませんでした。)
 なんとなく、多めに入れて納車しているような感じはします。聞いた(調べた)範囲の一番のトラブル理由はオイルの未交換どころかオイル量の不足の様です。
 後100ccかと悩みましたが、目的は高回転化ですので定量にしました。エンジン音と投雪距離の向上は様子見中ですが、現在は意に反して、新油の為逆に回っていないような感じもします。
 その後、屋根の雪下ろし雪のかたずけ、新雪除雪、除雪車作業後かたずけ等で二時間五十分程使いましたが、一時間程使った後から音が澄み、回転の上限が上がった様で、投雪距離も1メーター程伸びた様ですが、計測は寒いので後からですが、モービル1は効果有りです。

2013.01.06
 

あけましておめでとうございます。

 投稿者:土方  投稿日:2013年 1月 1日(火)02時59分25秒
   あけましておめでとうございます。
 皆様の健康をお祈りしています。
 お正月を自宅で迎えることが出来、連泊の予定もないことから感激がひとしおです。
 札幌は連日の雪で、自宅前の生活道路の除雪車両の出動も9回となり、30日と31日にようやく除雪のない日をすごしました。
 なんとなく、一月前倒しと言う感じですが、一月早く終わると良いのですが?
 新車のマイ除雪機(ホンダHSS760nJE)の初期トラブルも出尽くしたようですし、初回オイル交換もしました。
 それにしても納車が早く、早すぎかなと思いましたが、そんなこともなくフル稼働です。
 皆様も、良いお年をお迎えください。

 一月一日 土方
 

HSS760nJEデジタル回転計

 投稿者:土方  投稿日:2012年12月27日(木)19時47分5秒
   ホンダHSS760nJEの最大投雪距離の向上の為エンジンオイルをモービル1に交換しようと用意しましたが、基本的な回転数等が、判らない為、回転計を用意しようと色々考えましたが、一番安い特亜製(中華)の「回転するものなんでも回転速度を計測する!接触&非接触 レーザーデジタル回転計タコメーター」と言うものをアマゾンで送料無料の3,280円で購入しました。
 「接触&非接触」とあるので、触るか近づけると計測すると思っていましたが、接触とは計測器の後端の銀色の部部が回転し接触させ(ケース中に色々なゴム製のアタッチメント有り適材適所の物を使用する。)て計測です。
 非接触とは、先端部から赤い光(赤外線?)が出て、脇にある反射テープをカットしプーリー等に貼り付け赤い光を当てて計測するも
のです。
 先端のプーリー(プーリー、オーガドライブ)に反射テープを貼る為に、「カバーCOMP、ベルト」を取り外し、プーリーを出します。
 数字がかなり振れますが、アイドリング回転数は2150prm、無負荷全開で3670prmでした。
 平成元年版サービスマニュアルHS660.HS760.HS870.HS970では、アドリングはHS760を除いて2100±150prm、無負荷最高回転数3850±150prmで若干の暖機運転不足かと思います。これでオイル交換の準備が出来ました。
 

再度クローラーガイドボルト締め②

 投稿者:土方  投稿日:2012年12月14日(金)19時17分11秒
  写真忘れました。  

再度クローラーガイドボルト締め

 投稿者:土方  投稿日:2012年12月14日(金)19時15分17秒
   こんばんは、土方です。クローラーガイドのボルトを締める事が出来ましが、消化不良です。
 キチンとトルクレンチで締めたいと思い、考えていました。アストロのカタログを見ていてクローフィットレンチが使えそうです。
 丁度アストロ方面に用事があり購入を決め店舗に行って見ると、考えていた6PCセットがなく10PCセットになってしまいました。
 アストロもそうですがストレートも廉価な最小セットがなく高価な(過大な)セットの在庫ありの可能性が高いです。
 当ててみるとピッタリで使えそうですが、今度は前側のボルトに当たります、ボルトを外せば入りそうですが、外せば二本止めですので、外したボルト穴がずれそうですので、ボルトを外した跡に位置決めの為のホーローを入れれば良さそうですが、M8の15mmのホーローボルトの在庫なんかは有りません。いつものホームセンターで購入し作業を開始しました。
 クローラーガイドの前側のボルト(丸穴、右頭6mmキャップスクリュー、左純正頭12mm)を外し、そこに4mmキャップホーローボルトをいれ位置を決め、後側のボルト(長穴、純正頭12mm)をクローフィットを使いトルクレンチで締め、前側のホーローボルトを外し、ボルト(新規購入M8の15mmで頭13mm、平とスプリングワッシャー付き)をトルクレンチで締めて完了です。これを左右ともやり完了です。
 
 

ホンダHSS760nJE実戦投入

 投稿者:土方  投稿日:2012年12月12日(水)11時42分48秒
   こんばんは、土方です。除雪機の本格使用二回目で、ボルトの離脱を発見しました。
 写真のクローラーガイドのキャップスクリューの場所がボルトの離脱箇所です。レンチの掛かっているもう一方のボルトがさらに
問題です。(クローラーガイドは左右一対で各ボルト二本で固定されています。)
 通常はM8のフランジボルトで止まっていますが、見当たらないので手持ちのステンレスキャップスクリューを使いました。
 この箇所は工具が使えるので何の問題も有りませんが、もう一方が工具が入りません。
 色々やってみましたが、結局クローラーの張りを緩めて隙間を作り通常のコンビネーションで締めましたが、どの工具も帯に短し
襷に長しで、フレックスギアレンチで締まるかと思いましたがダメで、ストレートめがねの12mmがベストと思いますが、14mmからの
所持で、結局一寸長いインフィニティミラーツールでようやく締めました。
 ボルト離脱箇所は右側ですが、左側も緩んでいました。一寸当たりの悪さにがっかりです。

 PS:プラグはBPR5ESギャップ0.7mmが付いていましたが、一番最初の掛かりの悪さが気になり、Vプラグと思っていましたが、現在は
生産廃止でプラチナがイリジュウムになってしまうそうですが、それらはあまりに過剰品質と思いますので(個人所有品なので別にか
まわないと思いますが。)、グリーンプラグPBR5EYギャップ0.8mmに交換しました。なんとなくオートメカニック世代なのか、一人で笑
ってしまいました。
 アイドリング回転も高いと感じていますが、(旧HS760で1400+200-150prmですが、その他は2100±150prm。)三分の二以上の作業は
殆どアイドリングのまま(スロットル全閉)行うので、これでいいのかとか思っています。
 投雪距離も不足を感じていますので、最高回転を上げ投雪距離を伸ばすため、エンジンオイルをモービル1に交換しようと購入しま
したので、アイドリング調整はエンジンオイル交換後に再度考えます。
 

盗難除雪機ホンダHS870J

 投稿者:土方  投稿日:2012年12月 8日(土)12時35分23秒
   この前から、新規購入除雪機の話を書いていましたが、盗難にあった除雪機の話を書いていません。
 ほぼ一年たったので、空知地方か、道東か、海を渡った日本海側か、ロシアか判りませんがどこかで動いていると思います。
 盗難に有った殆どの人は、シャシー番号も、エンジン番号もわからず、発見されても犯罪の証明が出来ない状態なので、警察も捜査
に力が入らないようです。
(土方は、部品を購入する都合で、エンジンNoとフレームNoをメモしていましたが、保証書の提出を求められました。当時は見当たりませんでした。)
 土方も言ってもしょうがないと思い何子書きませんでしたが、どこがで誰かが使っているのならば、あなたの機械は盗難品です。
 機種名:ホンダHS870J エンジンNo.GC04-3553466 フレームNo.SZAK-2044128 購入年月日は1995年11月16日です。
 販売店でも話をしましたが、個人使用も役所使用も道路で使うのは違法です。エンジン式の物を動かすのは、最低でも小型特殊にらりますので、ナンバー付きで管理するのが本筋で、それならば盗難にもあい難いと思います。最低でもオークションに出品するのには、エンジンNoとフレームNoの表示を義務付けるべきで、原付も同じと思います。少なくない量がオークションに流れているのは事実と思います。
 写真は有りません。 PS:保障書は本箱の奥から出てきました。
 

除雪機の車庫内収納

 投稿者:土方  投稿日:2012年12月 5日(水)19時57分53秒
   こんばんは、土方です。除雪機更新に当たっての最後の項目は、収納と言うか車庫内のしまい方です。
 使い道が道路除雪の道路をかき分けた雪の地先(車庫前、玄関前等の間口)部分の片付けですので、車庫内や物置内であればその雪を人力で片付けなければなりません。
 必然的に、野外がベストですが、盗難にあう確立も高くなります、盗難を防ぐのには車庫内や物置内の収納がベストです。
 土方も、野外でシートで覆って保管の時に、鍵を考えなかった訳ではありません。当初は土工チェーンに真鍮のシンリンダー錠と考えていましたが、除雪機の保管場所の範囲にはそれを固定する物がありません。(有っても盗難の時に訪れた私服警官によると、真鍮の錠がクリッパー切られてしまうそうです。)
 今春の車庫内改装用にハンマードリルを購入したので、コンクリートに穴あけが出来る用になったので、ベランダのタタキにIボルトをホールアンカーで取り付けました。
 車庫内収納のために機種をHS870からHSS760nJEに変更(盗難に会った為)しました。カタログ表記の全幅が725mmから620mmになり、105mmの減少です。
 車庫内を片付けて収納出来る用になりました、車との間の白いものはプラスチックダンボールで傷の防止のためです。
 二枚目の写真にも写っていますがバイク用のリード製 「CREZZA-V LC-400Aブラック」 のチェーンで、鍵は付属の物がゴツイいのでタキザワ福袋の自転車用で車庫内でも鍵を掛けることにしました。
 一番不便な事は、車の使用に際して除雪機のエンジンをかけで移動し、車を暖めて車を移動し、除雪機を車庫内にしまってからシャッターを閉めて出発です。帰りも同様に除雪機のエンジンをかけて移動し、車をしまって、除雪機を収納してシャッターを閉めて完了です。面倒ですが、盗まれるよりマシでしょう。
 除雪作業も、車庫の除雪機分を人力で処理して(後ろ向きで出るため)、からの作業になります。
 

LED作業灯

 投稿者:土方  投稿日:2012年12月 5日(水)18時18分54秒
   こんばんは、土方です。除雪機更新に当たって一番最初に考えたのは、作業灯の交換です。
 15Wでエンジンがかかっていると、常に点灯するタイプですが、普通の物なので明るさは行灯程度のものです。HID作業灯なども考えましたが、最低ワットの物でも35Wと大きいので、負荷の同じ15W程度の物を、探していました。
 今流行のLED作業灯が大陸製ですが結構安くなっています、探してみますと15Wタイプが送料込みで3000円位で有ります。
 これは、真四角の110mm×110mm(ブラケットを除く)でLEDが五連です。除雪機はシューターが飛び出ていますが、作業灯も飛び出ていますので、真四角よりも高さを抑えた横長物がベストと思いますので、更に探しまと一寸大きい18Wですが110mm×60mm(ブラケットを除く)でLEDが六連の物が有りました。やっぱり一寸高く本体2800円の送料630円の合計3430円でした。
 光の色が白くても、照らす力は弱いと思っていたLEDですが、キチンと使用できます。W数で比べれば(同じならば)、普通電球やハロゲ
ンより使えると思います。これで長寿命ならはOKです。

最後の点灯状況写真は使い回しです。
 

除雪機のシューター作動角加工

 投稿者:土方  投稿日:2012年12月 4日(火)17時58分47秒
   家庭用小型ロータリー除雪機ですが、農家や別荘用に開発されたと勝手に思っています。
 その為、狭い個人住宅では使い勝手が悪いと思われることがあり、土方は前機種のHS870を十数年ぐらい使ってから、シューターの水平角範囲を、加工して真後ろに投雪できる様にしました。結構危険も有りメーカーにはできないことと思いますが使用する個人が加工しました。シューターは左側に有り、左回転で真後ろに、右回転で、運転手の右肩を掠める感じに投雪できる様にしました。
 HS870はシューターとシューターギアが一体式で、シューターを膝で抱える様にして、ハンドグラインダーで墨付けした、ギアの形をなぞる様にして削りましたが、出来上がりは、磨り減ったスプロケットのようでしたが、加工したところは普段使わない範囲なので、普段の使用には、差し支え有りませんでした。
 ウォームローラーギアと平ギアの組み合わせなので、精度が悪くても稼働しますし、稼働すればOKの所です、ただハンドグラインダーで加工の為、熱的に焼きなましになり耐久性を心配しましたが、盗難でチャラになってしまいました。2シーズン使用しました。
 今回のHSS760nですが、土方の知っているHS760は電動シューターで平ギアと平ギアの組み合わせで、精度が要求されそうで考えていました。土方の購入機種はシューターがHS870と同じ機械式なのではやく、構造を見たかったです。
 結果、同じような構造で、シューターとシューターギアが組み立て式(ボルト、ナット結合)で、いっそう加工しやすそうです。
 シューターギアにダンボールで蓋をし、センターを決め、対角でギアの位置を墨付けしました。(マジックで)
 加工前は、全47山で、180度プラス左右に4山ずつで、作動角は216°55′20″です、加工は取り合えず寒いので(玄関で加工、大顰蹙でした。)、左右8山プラスとしました。作動角は290°46′00″としました。真後ろには投雪できませんでした。
 墨付けをチェック訂正し、電動ジグソーで切れ目を入れ、手鑢で形を整えました。焼きなましの心配はなくなりました。
 加工精度も、先回に比べ格段に向上しました。取り合えずこの仕様で使ってみます。
 

PIAAウィンターブレード

 投稿者:土方  投稿日:2012年12月 4日(火)03時57分35秒
   PIAAのウィンターブレードを廃棄するので、分別をかねて分解してみました。
 購入当時は、525mmは3,130円、475mmは2,050円で廉価なグラファイトタイプでした。
 やはり当時のNWBはさらに高価です。今年の「グラファイト雪用ワイパー、タフ構造」と同じ価格帯でしょうか。
 外したことのない、千切れ始めたリフルを外してみます、以外にすんなり外れ、交換しなかったのは案外リフルが高価だったからかもしれません。
 外皮ラバーを鋏で切って外します。475mmの方に水の浸入の跡が有りました。リフルを入れるバーはプラスチック製のようで、これがスプリングの役目をしているようです。本体のフレームはステンレス製で、ピカピカ光っています。前に使っていたボッシュが、真っ赤に錆びていたのを思い出しました。
 今年購入したものはどうなんだろうと思いました。
 とっても真面目な作りでした。
 

新車

 投稿者:土方  投稿日:2012年12月 4日(火)03時31分51秒
   こんばんは、土方でした。
 12月02日、前日の降雪(寝ていて、知らんかった。)により(自宅前で15cm)除雪車の初出動。
 この程度の降雪ならば別に問題もないが、住宅地の除雪では、地先(玄関、車庫前)に道路を除雪した雪がかなりになり、かたずけなければ、車の出入りができません。
 土方の除雪機も初出動です。去年、盗難に会い、お盆前からの予約で10月27日に納車になっていました。
 盗難に会い、車と違って全体写真が一枚もないのに気が付き、今回は納車直後は、向かいの家がリホーム中で、大工等が出入りしていたので、車庫の中をあんまり見られたくなかったので、11月29日に一寸改造後に写真を撮りました。(後ろだけは改造前です。)
 車種はホンダHSS760n JEタイプです。これは旧HS760の最後に出た、シューターが機械式のモデルとほぼ同じです。
 新形式になったのは、エンジンが排ガス規制?の為、新型になり、100%タイランド製になりました。
 インプレッションは組が硬く感じ、当初は始動性が悪く心配しましたが、そうでもなくなりました。
 盗難にあった前のHS870が242ccの最大8馬力、最大投雪距離15mですが、HSS760は196ccてせ最大7馬力、最大投雪距離14mですが、車庫保管の為に一回り小さい車種で、カタログデーター以上に力不足を感じます。
 機械的な機構は同じと思いますが、前の機種で感じていた不満がなくなり地道に改良を続けてきたのを感じ、としても使いやすくなっています。
 

ウィンターブレード

 投稿者:土方  投稿日:2012年11月28日(水)17時58分24秒
   何年かぶりで、冬季用ワイパーブレードを新調しました。
 今まで使用していた、PIAA(2003年11月に購入)は冬季用で初めてリフルの交換ができるということで、購入しましたが、肝心のふき取り性能が今一です。
 助手席ワイパーの終わりを運転席ワイパーでふき取るところ(重なり部分)が綺麗にふき取れません。
 しかし、耐久性は、絶大で、今期リフルが千切れてきたので交換しました。(リフルは交換しませんでした。)
 ワイパーはやはりNWBと思っていて、ホームセンター(石黒ホーマー)へ行きましたが、とても高価で、隣に五割ほど安い廉価版がありそちらの方を購入しました。
 高いほうは、「グラファイト雪用ワイパー、タフ構造」となっていて、グラファイトリフルやステンレスフレーム等です。
 購入した廉価版はその特徴がなく普通のウィンターブレードで、53cmが2682円、48cmが1962円の合計4644円です。
 家で取り付けようと開封してみると、クリップが53cmと48cmでは違っていて(53cmはカバー付きUクリップ、48cmはUクリップで全体の印象も違います。
 思えばボッシュのウィンターブレードもそうでした。)、またポケをかましたのかと思い、昼飯を食べてから再度チェックにホームセンターへ行くと、数ある中で53cmだけが、カバー付きUクリップでした。
 しかもパッケージには一言もNWBと書いてありません。販売元が株式会社デンソー東京と有り、メイドインジャパンとありますが、本体のエンドキャップには打刻でNWBとあり安心しました。
2012.11.27 41,351km時

 

お久しぶりです

 投稿者:土方  投稿日:2012年11月13日(火)05時46分50秒
  お久しぶりです。土方です。元気にしていますが、六月のシティホテル連泊から、とみに体力がなくなっています。
元々暑さには弱いですが、去年今年と非常に暑い夏をすごしました。

①八月はじめに、車庫内の接地部分のコンクリートレンガ敷設の後輪部分の左右二箇所の完了。
②お盆前に、ゴリラのタイヤを新品に交換(新品を外して中古を使っていた)。ホイールを中華製アルミに変更。
③お盆に、役所はやっているので、何年か前に雪山に突っ込んで曲げてしまったフロントナンバーの再交付。
④除雪機受け入れのための車庫内整理整頓。
⑤合わせて、車庫の外側サイドの小動物進入よけブリキ版が、凍上のため持ち上がって開いて曲がってしまった物(17年使用)
の修復を計画中に、これも何年かぶりに、真昼間花畑でねずみ発見。(9月01日~11月04日の間に8匹捕獲)
裏の(土方の家が裏)小児科が廃業し、空き家になった為と思われ、近所の方も捕獲中。
⑥9月20日~10月08日で完成。L型アルミプレート、ステンレスボルト&ナット、ステンレスピン(釘)、FRPプレート(クロス4プラ
イの自作。)
⑦10月28日、新車除雪機納車
⑧10月22日某所で、ソニーバイオPCG-GRX616MPを拾った(状態がとても良く、DVD、メモリー、電池などカバーと共に外している
が、なぜかHDDが付いている)、いつも使ってるNEC VersaPro VA90Jが、痛んできて(キーはずれ、プラスチック寿命と思われ、中
古キーボードで補修)Win2Kにも限界を感じているので、バイオの補修を決意、二個壱を考え、取り説やリカバリーディスク付き
の部品取りジャンク(PCG-GRX81G/P、箱以外全て付きと思われる)を4999円で購入。
しかし、到着してみると、比較的綺麗であるが、かなり深く分解した跡が有り(かなり奥にネジの欠品や間違いが有り、不動の
完全ジャンクでした。カタログを見ると、XPだし、ペンテアムMだし、大型ディスプレィとか、魅力的スペックです。
もう一度と思い、今一度、PCG-RGX81G/Pの通電するジャンクを1400円で購入。
三個壱でリカバリーすると何とか作動するようになり、BIOSの更新で安定作動するようになり、少しずつVA90Jと同じソフトなど
をインストールしていましたが、三日目の11月05日突然のブラックアウトでお亡くなりになりました。
かなり分解してみたので、使用パーツが特亜製の物が多く、これがソニータイマーの根本かと思い納得しました。
あまりに面白くなく、ノートパソコンは不動になる事は少ないと勝手に思っていましたが考えて、同じNEC VersaProのリースア
ップと思われる、VY16A/ED-2(2007年製のVISTA)を7980円で購入し、現在に至っています。
⑨バイオのブラックアウトの頃、偶然最近湾岸ミッドナイトC-1ランナーの連載がないなと思っていたら、完結していました。
vol.11迄持っていましたが、12で完結で第1版発行日は2012年10月05日でした。スタートは1990年3月だそうで、P10プリメーラ
発表の一寸前で、連載を見ながらP10プリメーラのモーターファン別冊を見た記憶があります。
いろいろありますが、感無量の一言に尽きます。
 

コンビネーションレンチ

 投稿者:土方  投稿日:2012年 8月 6日(月)18時25分35秒
   こんばんは、土方です。
 車に乗り始めの頃、ろくな工具を持っていなくて、昔から持っていた、ダイエーで買った、自転車用のSEKの1/4ソケットレンチだけでした。これでは不足で、やはりダイエーで買ったSEKの12-14の両口スパナのフルセットでした。
 友達が、何故かKTCのメガネレンチセット(スチールケース入り)を持っていて、これをよく借りて居ました。(作業内容はオートメカニックです。)
 何年かして、札幌市もホームセンター(始めは石黒ホーマー)が出来初めて、工具売り場が有り、その中で初めてコンビネーションレンチの実物を見て、これだと思いました。メーカーは今では見かけなくなった相互工業(AIGO)の物で、少しずつ購入して、7~19(13を除く)の12本と22を加えて合計13本です。
 漸く揃いましたが、メーカーが格下と思えるようなり(ホームセンターでしか見た事がない)、ホームセンター自体でも取り扱いをTOP工業に変更しました。(材質が一寸柔らかい感じがします。)
 それに伴なって、土方もコンピネーションレンチ(両口スパナは追加)をTOPに変更しました。6~14の9本(13はKTC)と17の計10本を変更しました。(余ったAIGOは自転車用に車庫内工具箱用です。)
 TOPのデザインはAIGOと間違うほどのそっくりでしたが(KTCも同じデザインですか、一寸薄く、メッキが上質でした。)、何年がしてKTCのデザイン変更(薄く、軽量になった)に伴なって、同じ様に変更されました。
 オークションを見るようになって、インフィニティQ45の車戴セット(KTCミラーツールで8,10,12,14のコンビネーションとブライヤーと+と-の木柄ドライバーのセットで裏側にはINFENETEの刻印もあって、とても安く思わず購入してしまいました。)も追加購入しました。
 この度、チョッパー氏がシグネットのフレックスギアレンチ(コンビネーションタイプ、片側がスパナ)を使用していて、冷やかしで弄っていてとても欲しくなりました。久しぶりにいろいろ調べ見ると、土方の使用状況と考え方では、フレックスギアレンチのメガネタイプ(片側がメガネレンチ)がピッタリです。そんな物があるのかと思ったら、DEENと言う新興メーカー(実態は不明)に有りました。
 10,12,13,14,17のセットで12,900円で、2012年7月18日購入。まだ実戦投入していません。後日同様の物をアストロでも廉価で発売しました。アストロでも良かったかなと思います。(16,18なんかは一度も使っていません。アマチュアは何回しか使わないので、精度の悪い物は駄目ですが、高価なものは必要有りません。なんせ回すボルトナットは殆ど一本百円もしません。)
 

TREKマッドガード留め

 投稿者:土方  投稿日:2012年 7月28日(土)18時26分25秒
   去年、TREK ZX 7000に雨上がり走行用(雨天では走りません。)に、マッドガードを取り付けましたが、TREKは若干フレーム構造が違うので、BBの所の最初の留めが出来ませんでした。
 プラガードなので、無くても別にかまわないと思っていましたが、何かの拍子にガードの端がフレーム当って以外に大きな音がします。
 留める方法をいろいろ考え居ましたが、今回閃いたので、早速今日(七月二十八日)実行しました。
 チェ-ン用の何かのパーツ用のブラケットが、チェーンステーのBB付近のギア側の下に在ります。
 このパーツと共に、マットガードステーを共締めすれば、マットガードが留まります。
 アルミ版を、ジグソーとドリルで、現物あわせで、ステーを切り出します。以外に良く出来ました。午前中の作品です。
 

レンタル掲示板
/48