teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


正解は

 投稿者:かんりにん  投稿日:2016年 8月30日(火)21時24分36秒
編集済
  回答が遅れて申し訳ありません。ところで正解ですが、問題集を作った時期が古く忘れてしまいました。大半は心理学の問題として捉えれば正解にたどり着けます。

1.自尊心の脅威となりうる救助。
2.ブーメラン効果や心理的リアクタンスなど、立場の違いがあるから。
3.リスクテイキングなどリスクを好む習性と依存があるから。
4.ツァイガルニク効果など。
5.PTSDによる
6.リスクの性質による。(大きなリスクは暴露頻度が少ない)
7.時間的制約が大きいから。
8.慣れの問題。
9.地形的要因。
10.捜索の視点が違うからと思います。
11.予言の自己成就。
12.周囲に対する注意が低下しやすいから。
13.過剰な責任感により、判断力が低下するから。
14.下りの方が、体力と注意力の低下が激しいから。
15.本人はそう思ってない。

以上でしょうか。間違ってるものもあるかもしれません。
 
 

正解は?

 投稿者:T.M  投稿日:2010年 6月18日(金)21時54分0秒
  問題集の正解を教えてください。是非とも講習に使いたいです。  

増えたんでしょうか?

 投稿者:かんりにん  投稿日:2004年 9月13日(月)23時03分56秒
  ふつう熊は人を恐れるものと聞きますが、先日、民家へ上がりこんで寝ている熊が報道されました。人を恐れない、第二世代といわれる熊が増えているようですね。

人がひっきりなしに通る、平瀬登山道(白山)でも、昨日、目撃されています。
 

オオカメノキ

 投稿者:CAN  投稿日:2004年 9月13日(月)20時38分25秒
  この間、作之丞谷で摘み取ってあるのが、いくつもありました。これって熊の大好物!しっかり笛ならして歩きました。それにしても明るい谷でした。途中までですが、一人でも充分楽しめました。  

ありがとう

 投稿者:ゆーかメール  投稿日:2004年 7月30日(金)20時56分34秒
  お返事ありがとうございました。
良くわかりました。
いつも的を得たお返事に、知識が一つずつ増えていきます。
皆に説明する言葉も適切な言葉として伝えられます。
本当にありがとうございます。
また、よろしくお願い致します。
 

さっそく問合せです。

 投稿者:ゆーかメール  投稿日:2004年 7月28日(水)21時16分39秒
  投稿者、ゆーかです。
タイトル「自分のためというよりは」文中の
山岳会というのは、日本山岳協会さんのことでしょうか?
であれば、にっちもさっちもいかなくなった時、
相談等を受けれるという風に考えてもよろしいんでしょうか?
 

教えてください!

 投稿者:ゆーかメール  投稿日:2004年 7月24日(土)22時16分38秒
  愛媛、松山からメールを送っております。
突然の不躾な問合せで、こちらに問い合わせるのは適切でないのかもしれませんが、
お力を貸していただければと思いました。お許しください。
 
この6月に「山登りの会」を立ち上げました。
営利目的ではなくて、個人の趣味の仲間があつまったサークルです。
それで、日本山岳協会さんの山岳保険に加入をメンバーに薦めようかと思って
問い合わせたところ、日本山岳協会さんの山岳保険は
リーダーの損害賠償については、保証しないというもので
また、その保証については、損保会社へ問い合わせてください、
という事でした。

それで損保会社のHPを見たのですが、営利目的の商品しか見当たりません。
営利目的でないサークルでの、リーダーの過失責任等を保証する保険とはどういったものがあるのでしょうか?
もしくは営利目的でなければ、個人の損害賠償保険で事足りるのでしょうか?

また、
山岳保険を会のメンバーに強制加入させる場合、どんな風に説明すればわかりやすいでしょうか?

今は全て自己責任、保険も同様で任意にしていますが、
実際に事故に合うと「個人の責任で」の一言でとしらんぷりできるものでもなくて、
会に責任追求されるものと聞きます。

強制加入をさせることによって
会(会の主宰者)が社会的、道義的な責任を果たすことになるとも聞きます。

そのため、こういった山登りのサークルは基本的に山岳保険には強制加入するもの
という風に聞いてはいるのですが、
でも、山岳保険に加入させることで、会の責任は免責になるとも思えません。

確かに遭難救助費用などが発生した場合などを考えると、
かけている人、かけていない人では、遭難時の心理的なものがずいぶんと違うかもしれませんね。
「冷静な精神状態を保つという意味合いで、万が一の時のために皆が、同じ保証のものをかけておきましょう。」そういった単純、簡単な意味あいの説明でいいのでしょうか?
うまく説明の言葉浮かんでこないのですね。

突然の不躾な質問をお許しください。
なお、こちらのHPを会の掲示板に紹介させて頂いても構わないでしょうか?
お忙しいところ恐れ入りますが、どうぞよろしくお願い致します。
 

G剱岳

 投稿者:ハマ秀  投稿日:2004年 6月27日(日)00時13分31秒
  G会の基本は剱岳です。それは今も昔も変わりませんネ。
秋は毛勝山塊の沢遡行と黒部川V字峡の沢登攀がメインです。
冬も剱岳。春も剱岳。もちろん夏も・・・。

山のピークと言うものは1つですがルートは無限大です。
これに四季を加えると単純に考えても4倍の楽しみになります。
それを理解出来ない登山者が90%以上いると思います。

単に室堂までバスで楽をして剱岳を往復しても何も得るものは
無いのですが、それでもピークを踏めば「カウント1」と追加
する数値登山が横行してます。

昨年の片貝山荘の県岳連遭難対策協議会でも「数値目的登山」が
話題になりましたが法律で縛ることも不可能なので登山者の自然破壊
に対する良心を信じるしかないと思いますが・・・。
 

利尻の自然

 投稿者:ハマ秀  投稿日:2004年 6月21日(月)23時19分7秒
  わかります。その心の痛み。
「他人の価値観をなぞる」ことに時間とお金を掛ける登山者に
つける薬はないと思います。

登山の本質は「季節を変え」「ルートを変え」「方法を変える」ことです。

本当に山岳有識者らも頭を抱えているんではないでしょうか?
いつまでこんな訳のわからないブームが続くんでしょうかね?
 

マッキンリー登頂おめでとう

 投稿者:kalapatarr Tシャツ  投稿日:2004年 6月 7日(月)19時29分10秒
  マッキンリー登頂おめでとうございます。  

GWの前哨戦

 投稿者:ハマ秀  投稿日:2004年 5月 1日(土)21時55分7秒
  日帰りの大猫山はいいですネ~。
ちょろっと剱岳の撮影が出来てうらやましいです。

そのチョロっとの遠足も出来ない私は人の写真を見て我慢してます。
 

講習会

 投稿者:かとう  投稿日:2004年 4月15日(木)21時48分2秒
  医薬大の加藤です。

今度の講習会、新歓コンパと重ならなければ、うちの部からも数人、参加したいと思います。
幸いにして、新歓コンパは行うことができそうです。(今のところ3人の入部が決定)

春は、涸沢西尾根(5名参加)、八ヶ岳登攀合宿(2名参加)、春山合宿(西穂~槍)(4名参加)と、活発な活動を行うことができました。
ゴールデンウィークは剣沢で新歓合宿。その間、2,3年生の数名で、源次郎と八つ峰を狙います。

今年から僕が主将を務めることになりました。またよろしくお願いします。
 

おつかれさまです。

 投稿者:CAN  投稿日:2004年 3月 1日(月)05時25分34秒
  講習会いかがでしたか。石川県の方おいでました?案内は届いていたけど・・・。
県の講習会と現場のギッャプがあり、前に2~3回でて、それっきりご無沙汰(^^;)
ひそか、富山の講習会期待しています。なんてね。。。。
 

なぬっ?!

 投稿者:ハマ秀  投稿日:2004年 2月24日(火)23時37分30秒
  自殺志願者が冬山へ入って行ったのですか?
北○本新聞にも富○新聞にも読○新聞にも
記載されてませんが・・・。
真相は・・・?
 

天候があてにならない

 投稿者:CAN  投稿日:2004年 2月22日(日)20時53分17秒
  良かった!技量が足りないもんで、天が味方してくれたな・・・。きっと、厳冬期できびしいものかなと思っていましたが、拍子ぬけ。来年はもっときびしくなる事を期待!これって、どこかの遭難事故と同じ・・・(>_<")
カオスってなんでしょうか。息子、横で混沌。なおわかんない?
 

試したい・・・

 投稿者:CAN  投稿日:2004年 2月15日(日)20時18分34秒
  6時の某TV遭難事故報道で、私には「天候を試したい」と聞こえましたが。この頃
台風や○○警報の時、わざと外へでて確かめようとする人多いですね。なんかむなしい!
○学のSL、3月に北アルプス縦走狙っていたそうです。ある方が、「それはエスパーが行く所で・・」と。
 

初めまして

 投稿者:CAN  投稿日:2004年 2月 8日(日)21時18分39秒
  昨年の東芦見尾根の時は失礼しました。どなたか、わからずポカーンと聞いていた者です。これから、お世話になるかと思います。(講習会の件、けっして○難じゃないです)宜しくお願い致します。
関学の方々、どうか無事をお祈りします。ただ、報道が流れると周りの者が「頼むから、冬山だけはやめてくれ!」と。本当は春山の方がよっぽど怖い気がします。いかがでしょうか。それと「冬山だけはやめてくれ」に対抗する言葉ないでしょうか?いつもは右から左にぬけるのですが・・・。
 

たかが・・・

 投稿者:ハマ秀  投稿日:2004年 1月25日(日)15時27分12秒
  この程度の積雪で交通機関がマヒするのはどうですかね?
JRなんて運休のオンパレードですよ・・・(笑)
私も含め、完全に暖冬ボケを起こしてしまったかもしれませんね。
昭和の時代を生きてきたならこの程度の雪は日常茶飯事だったと
思います。
屋根の雪下ろしは本当に除雪のメインイベントだった思い出があります。

http://jns.ixla.jp/users/takora791/index.html

 

冬山の撤退について

 投稿者:ヘルニア男  投稿日:2004年 1月16日(金)00時05分37秒
  最近では慎重論が幅を効かせており、命がけのアタックは少なくなりました。
「山ヤとして良い結果を残す登高意欲か?」「慎重な行動重視か?」
人それぞれ考えたかに相違が生じます。
水掛け論になるとは思いますが浦井さんの見解はどんなもんでしょうか?

また剱岳のテッペンを踏めたパーティが異常に少ないのは慎重論の影響ですかね?

 

賀正

 投稿者:かとう  投稿日:2004年 1月 7日(水)18時33分33秒
  明けましておめでとうございます。

医薬大山岳部は25日入山、1日登頂、2日下山で、無事、早月尾根での冬合宿を終えることが出来ました。

今年もよろしくお願い致します。
 

レンタル掲示板
/3