teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


塾もサービス業なもので

 投稿者:しろくま  投稿日:2018年 6月23日(土)00時36分38秒
返信・引用
  やっぱり他からどう見られているか、というのは気になります。
というか、わざわざお金を払っていただいて、来ていただいているので
評価は気にしないといけません。
できるだけ多くの生徒に受け入れられるようにと心がけてはいますが
生徒100人中100人から支持される、
なんて傲慢なことは考えてはいません。
というか、そんなことはあり得ません。人間ですから。
恐らく、「この先生、合わない」という子もだいぶいたでしょう。
少なくとも、100人中51人から「この塾で良かった」
と思ってもらえるように、と考えながらやっていますし、
7割ぐらいは「良かった。楽しかった。」
と思って塾を巣立ってくれたのじゃないかというようには思っています。

最近はチラシよりもネットが大きな力を持っています。
だから、時々ですが、インターネット上で検索をかけて
教室の評判をチェックしています。
なので、ここに書きにくい方は、別な場所でダメ出しして下さって構いません。
教訓として改善します。
褒め言葉を書いてくださったら「豚もおだてたら空だって飛ぶO型」です。
期待以上の力を発揮するかも知れませんよ?
 
 

「潮見台教室あるある」

 投稿者:しろくま  投稿日:2018年 6月18日(月)09時53分3秒
返信・引用
  というより「自分あるある」かも知れませんが。

ついさっきまで長時間事務机に座っていた時まで何もなかったのに
その場を離れたらすぐ電話が鳴る・・・、
休み時間中には鳴らないのに
「さあ、授業やるで」とテキストを開いた瞬間に電話が鳴る・・・、
生徒に問題を解かせている間には鳴らないのに
「じゃあ答え合わせやろうか」と言った瞬間に電話が鳴る・・・。

正直、電話かけてくる人、どこかから見ているんじゃないだろうかというぐらい
「完璧」なタイミングで鳴ることが、
再三再四どころか再35億(古い上に盛りすぎ?)ぐらいです。
 

早くも2匹目

 投稿者:しろくま  投稿日:2018年 6月 7日(木)01時45分54秒
返信・引用
  何がというと、車庫で捕獲したクワガタです。
小さいやつで、「コクワ」というやつですが、
まだまだ夏と言うには早いこの時期にもう2匹目。
今年の夏はかなりあつくなるのかも知れませんねε-(_- )
 

ようやく去年のある日も更新

 投稿者:しろくま  投稿日:2018年 6月 3日(日)16時42分54秒
返信・引用
  今日は夕方まで少し時間があるのでのんびりしています。
夕方からは夏祭りの出店者を集めて会があるので
もう少ししたら出かけないといけません。
これから先はお祭りの準備と夏季講座に向けての準備で忙しくなります。
特に今年は潮見台ができて30周年という節目の年にあたるので
お祭りはいつもよりちょっとだけ豪華にする予定です。
どうぞご期待下さい。

さて、ホームページですが、年度末から年度のはじめぐらいにかけて、
「ある日の教室」のところにはりたい写真がいくつかあったのですが
忙しくて更新できないまま日々が過ぎてしまったため、
初お披露目の写真もいくつかあります。お楽しみ下さい。
 

学芸

 投稿者:しろくま  投稿日:2018年 5月20日(日)23時30分33秒
返信・引用
  今日は夕方まで中間テストの指導をした後、
学芸との懇親会に行って来ました。
もう自分の知っている先生はほとんどいなくなりましたが
やはり何というか居心地が良いですね。
たまたま向かいに座った塾の先生が
自分の同級生のお母さんと同級生で
しかも同級生の娘さんの家庭教師をしてたとのこと。
その同級生とは毎日連絡を取り合うぐらいの仲なので
ついさっき「高知は狭いね!」と言ったものでした。

ところで、学芸は毎年新入生に「お世話になった先生?に手紙を書く」
ということをさせているのですけど
今年も学芸に行った子から先日手紙が届きました。
メールやSNS全盛の今の世の中、
手書きの手紙っていうのは何か嬉しいですよね。
こういうのは続けてもらいたいです。
遅くなりましたが、自分もちゃんと返事を書きましたよ。
明日ポストに投函しようと思っています。
でも、こういうの、まずは机の上に置き去り、
次は玄関に置き去り、次は鞄に入れっぱってなりがちですよね。
「できるだけ」忘れないよう心がけたいです!
 

なんちゃってリゾート地

 投稿者:しろくま  投稿日:2018年 5月19日(土)22時26分54秒
返信・引用
  昨日とうってかわって、今日は朝から爽やかな一日でした。
昼からはだいぶ風が強くなり、「爽やか」を通り越していたかも知れませんが。
おかげで、普段なら夜は車庫の電気に引き寄せられ
自分の車には大量の蛾などの虫(昨日はカメムシがびっしり)が止まっているのですが
今日はほぼゼロでした。

ま、それはともかく。
うちの裏には森がありますが、朝には様々な鳥のさえずりが聞こえます。
近頃はウグイスが毎日鳴いています。
ベッドを窓辺に置いているので
窓を開けてベッドに身を横たえて目を閉じていると
森から吹き渡る風とすぐ側から聞こえるウグイスの鳴き声。
「目を閉じている間は」高原のリゾート地で過ごしている気分になれます。
ただ、今年は春ののどかさを感じるにはいささか暑すぎる日が多いですね。
 

人見知り

 投稿者:しろくま  投稿日:2018年 5月17日(木)22時24分0秒
返信・引用
  誰のことかというと・・・自分です。
そうは見えないかも知れませんが、頑張ってだいぶ克服したからです。
でも、今でも例えばパーティーなどで知らない人ばかりの中に行くと
話しかけられない限り一人でひたすら黙々と食べているような感じです。
家族の中で基本的に「聞き役」で育ったというのもあるのでしょうね。
母や亡き父や妹二人はとても社交的なのに、なぜか自分だけがこんなんです。

自治会長になって、一気に色々な人と会う機会が増えました。
だいたい相手側から話しかけてくれるので何とかなっていますが、
やはりたくさんの人が集まる場では隅っこの方でいます^^
がんばらないと!ですね。

そういえば、先週の土曜日に体育会と学校開放委員会の総会があり、
介良中学校の教頭先生や潮見台小学校の校長先生とも一緒にお酒を飲んできました。
なかなか楽しかったです。
お酒を飲んでいるとテンションが上がってくるので
もうちょっと気楽に話せるのですが、
年がら年中酔っぱらっているわけにはいきませんしね^^
 

久しぶりの更新

 投稿者:しろくま  投稿日:2018年 5月 9日(水)22時40分20秒
返信・引用
  非常にお待たせしました。
潮見台の方はご存じの方もおられると思いますが、
自治会の会長を押しつけられましてとても忙しくなってしまいました。
別に能力で選ばれたなんて訳ではなく
「単に昼間動ける人が他にいない」というだけの事情です。
全力で固辞したのですが、このままだと自治会が崩壊しそうな感じがしたので
緊急避難的な気持ちでで引き受けました。
友達からは「地域の幸せより、まず自分の幸せのために活動しろ」と怒られましたが
独身の自治会長なんてそうそういませんよね(泣)
いざ会長になってみると、役員会やら班長会の準備、
団地内の問題点など色々考えないといけないことが多いです。
誰か、替わってくれませんか~?いや、本気で。

さて、気を取り直して。
更新できてなかった間でちょっと大きな事としては、
昔の塾生の「あんどん」が連休前にフラリと現れました。
潮見台教室で一番最初の頃からの生徒なので、もうまあまあの年です。
去年結婚してテキサスで暮らしているのですが、
ほぼ1年ぶりぐらいに帰国しました。
旦那(アメリカ人)は置いてきたみたいなので
「短い結婚生活やったねぇ」と冗談で出迎えたものでした。
小学校5年の時から知っていますが、
ほぼあの頃と変わらないような感じ(いい意味で)。
「人は何年経っても、大人になっても、結局は変わらんよねぇ」
と笑いあいました。
異国にいるのでそうそう会えませんが、
次は「お兄やん(あんどんの2つ上の元・塾生)」と3人でまた鍋を囲もう、
と約束して別れました。その時が楽しみです。

とりあえず、更新はここまでで、「去年のある日」は
また後日ということに致します。
あ、我が娘の「活躍」を楽しみにお待ちいただいているお母さん、
そんなに目立った行動はありません。「いつも通り」です。
良い意味で。たぶん、きっと、おそらく・・・。
 

♪送迎に行くよ~、どーこまでーもー

 投稿者:しろくま  投稿日:2018年 3月29日(木)22時15分30秒
返信・引用
  春季講座も3日が終わり、早くも疲労がだいぶ蓄積しています。
明後日の休みが待ち遠しいです。

さて、今まで「介良地区の送迎はご相談下さい」とか言いながら
高須まで行ったりしていたのですが、
とうとう今日から岡豊まで出張るようになりました^^
医学部の宿舎までですが、
南国インターへ向かう道をゆず庵のところで左折していけば
順調にいけば10分強でたどり着けたので意外に近いな、と思いました。
ただ、平常授業の時は月曜日は介良方面の送迎もあるので
うまいこと時間を調節しないといかんですけどね。
 

休み満喫

 投稿者:しろくま  投稿日:2018年 3月26日(月)23時51分56秒
返信・引用
  毎年24日はどうしても外せない用事があるので
それを基準にして春季講座を組んでいますが、
今年は24~26日と3日続けて休みになりました。

昨日はまず昼頃、亡き恩師の蔵書の形見分けに行って来ました。
恩師と言っても中学校の時に古典を習ったというぐらいで
格別親交があったわけではないのですが
(でも、授業の場面は部分部分覚えてますよ)
では、なぜこういう話になったかというと・・・。
まがりなりにも一時期アカデミーの国語科の主任でしたし
自分は読書量や文才にかけては10人いれば
そのうちの1番ぐらいにはなれる自負はあります。
ただし、30人いたら怪しい程度ですけどもね(笑)
その自分が一目どころか二目も三目も置く存在なのが
一宮教室の教室長・中澤先生で、彼の読書の量や質は
到底自分の及ぶところではありません。
日頃から中澤先生夫妻とは仕事の垣根を越えて
親しくおつきあいさせていただいておりますが、
その奥さんの方の実家の隣が件の古典の先生のお宅だったわけで、
ここ数年、具合が良くないと伺っていましたが、
100歳をあと数日に控えた昨年末に亡くなったのでした。
お宅を近いうちに取り壊すことになるけれども
本は堅い本なので売っても二束三文にもならないから
欲しいものがあれば、と親族の方から中澤先生にお声がかかり、
さらに中澤先生から誘われた自分もお邪魔したという次第です。
「汗牛充棟とはこのことか!」というほどぎっしり本があり、
自分はいくつかの辞書と世界中の美術館の写真集を棚ごと!頂くことにしました。
多分、金額に換算すると5,60万はするであろうお宝です。
中澤先生は日葡辞典をはじめ、いくつかの百科事典を譲り受けました。
日葡辞典を見つけたときは、二人で大興奮でした。
あ、葡というのはポルトガルのことを指しています。
何が興奮かというと、室町時代の日本語との訳であり、
さらに当時の日本語の方の発音まで出ているという大珍品。
東京・神田の古書店街でさえあるかどうか。
気付けば2時間以上もいろいろな本を見ていました。
たくさん頂いたのですが、それでも多分1%にも満たない量だと思います。
貴重な書物を頂戴し、とても嬉しかったですが、
親族の方から「価値の分かる人に喜んで受け取って貰い、
しかもそれがかつての教え子なのだからきっと本人も喜んでいるでしょう」
と言っていただいたことが何より嬉しかったです。

そして。今日は毎春恒例の「桜の探訪者」となって
原付で川縁の道を疾駆し、未舗装の道を踏破して
たくさんの桜の写真を撮ってきました。
本当は昼前ぐらいから出かけ、どこかで昼を食べながら
さらにウロウロする予定だったのですが、
午前中はまたしても自治会の仕事のために潰れ
昼をだいぶまわってからのこととなりました。
でも、かなり走り回ったので自分としては大満足です。

授業をやっているときはもちろん充実してはいるのですけれども、
やはりこういう「非日常」の充実感が無くては
人は生きてはいけないよなー、と再認識した3日間でした。


長々と失礼しました。
 

レンタル掲示板
/51