teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:204/230 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:奴ちゃんメール  投稿日:2004年11月13日(土)20時40分33秒
  通報 返信・引用
  javaスクリプトの場合は 機能を別ファイル化して
各ページで同一機能ファイルを使うことでできます。
タグいじってサクっと更新も更新しやすいようにJavascriptでコーディング(作る)します。
(TXTファイルはJavascriptでは無理です・Javascript言語のファイルとして作ります。)
例 :
function sele(){
document.sel.c_sel.options[0].selected = true;
document.sel.c_sel.options[1] = new Option("スタジャン""15");
document.sel.c_sel.options[2] = new Option("半袖ハワイアンシャツ""2");
document.sel.c_sel.options[3] = new Option("長袖ハワイアンシャツ""3");
document.sel.c_sel.options[4] = new Option("スカジャン""4");
document.sel.c_sel.options[5] = new Option("ジャージ""5");
document.sel.c_sel.options[6] = new Option("軍物ジャケット""6");
document.sel.c_sel.options[7] = new Option("デニムパンツ""7");
document.sel.c_sel.options[8] = new Option("デニムジャケット""8");
document.sel.c_sel.options[9] = new Option("長袖シャツ""9");
document.sel.c_sel.options[10]= new Option("ブーツ""10");
document.sel.c_sel.options[11]= new Option("スウェット""16");
document.sel.c_sel.options[12]= new Option("スニーカー""11");
document.sel.c_sel.options[13]= new Option("バッグ""12");
document.sel.c_sel.options[14]= new Option("小物""13");
document.sel.c_sel.options[15]= new Option("トップス その他""14");
}
てな 感じです。 



こういうのをJavascriptで機能さすのはお勧めしません。
使用例としては
2たつ プルダウンメニューが並んでいて 左のプルダウンメニューの選択に連動して右側のメニュー内容が変わるときなどに使います。
↑の左側やプルダウンメニューが1つで動的に変化させる必要の無い場合は
サーバーサイド側の動作でhtmlとして生成させます。
理由 
Javascriptは閲覧者の環境によって動作が変わる場合がある。
(ブラウザによって違ったり 動作しない・動作させてない など)

したがって
Javascriptは動きを表現する手段とお考え下さい。

さくっと更新やデーター・メニューの一元化などは
htmlとして生成されるサーバーサイド側の言語を使ってください。
PHP や Perl・ruby・JAVA などです。
取り組みやすいのは PHP です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:204/230 《前のページ | 次のページ》
/230